toihealing ブログ

便秘

便秘の方には必見!セルフマッサージで便秘を緩和!恵比寿の女性専用サロン”トワヒーリング”

便秘

便秘。誰でも一度は悩み、経験したことがあると思います。

便が何日も出ないで、お腹が張り気持ちが悪くなったり、腰が痛くなったり、
しまいには体臭まで臭くなったり、と症状はさまざま。

そんな時、みなさんはどのように対処していますか?

  1. 食事療法。
  2. 便秘に効くお茶やサプリメントを試す。
  3. お薬を飲む
  4. 浣腸をする

皆さん対処法は色々と試したことがあると思います。

でもやっぱり、人間本来が持ち備えている力で便秘を治すのが一番良いと思います。

その力を目覚めさせ一刻も早く腸に気づかせるために、今回は自宅で簡単にできるセルフマッサージをご紹介したいと思います。

便秘とは

便秘とはどのような状態のことをさすのかまとめてみました。

便秘とは、便がスムーズに出ていない状態。

また便が出ていても、お腹に張りがあり、気持ち悪い状態のことを言います。

毎日出ていなくても便の状態が健康なら問題ありません。

その目安としては硬さ、長さ、色を見ます。

もっとも健康体は適度な茶色でバナナ位の長さ、硬さをさします。

毎日出ていてもコロコロしていたり、形がなかったりするのは健康とは言えません。

便秘にも種類があるって知ってますか?

機能性便秘

一般的に便秘と呼ばれるのは、機能性便秘のことをさします。

消化器官(胃、小腸、大腸など)の機能低下が原因で便秘になるもの機能性便秘はさらに、一過性便秘と習慣性便秘に分けられます

弛緩性便秘

高齢者や出産後の女性に多いです。

大腸のぜん動運動が弱くなり、筋力の低下により、便を押し出す力がなくなることにより、起こる便秘のとこをさします。

痙攣性便秘

ストレス社会で働く男性に多いです。

心理的ストレス等による、自律神経が乱れることにより、腸のぜん動運動が強くなりすぎてしまったために、起こる便秘をさします。

下痢と便秘を交互に繰り返しておこる場合があります。

直腸性便秘

便意がきてもトイレのタイミングが合わずに我慢して起こる便秘をさします。

我慢が癖になり便意が消失していまい、直腸性便秘になります。

器質性便秘

 病気により便秘になることをさします。

 大腸ガン(だいちょうがん)、腹膜炎(ふくまくえん)など腸の腫瘍(しゅよう)、腸閉塞(ちょうへいそく)、腸捻転(ちょうねんてん)、閉塞(へいそく)、炎症(えんしょう)などにように腸の異常が起きている場合があるので、すぐの病院にいきましょう。

便秘の原因とは!?

さて便秘の原因は一体なんなのでしょう???

便秘の要因はたくさんありますが、主に、食生活、水分不足、睡眠不足、運動不足、精神的ストレス、タイミングが合わずに便を我慢してしまう、そして病気です。

これらが一般的には大きな原因とされています。

現代人なら誰でもあてあまりますよね。

便秘を緩和するには

便秘を緩和するには”便秘の原因とは“に書かれていることをしなければ、便秘は解消されます。

食生活

食物繊維をたくさん取るようにする。

一口に「食物繊維」といっても、水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の二つがあります。

不溶性食物繊維は、穀物、根菜などの繊維質の多い野菜や、豆類などに多く含まれています。

水分を吸収して膨ることにより、腸管を刺激して腸のぜん動運動(消化管などの臓器の収縮運動)を高める働きをします。

水溶性食物繊維は、果物、海藻類などに多く含まれています。

食品の水分を抱き込んでゲル状の便を作ります。

その結果、便は柔らかくなります。

水溶性と不溶性の両方をバランスよく摂取することで、出やすい便になります。

ただし不溶性食物繊維を摂り過ぎた時は、便秘が悪化してしまいますので要注意です。

水分不足

なかなか身体に水分が浸透されにくいので、水分を含んだ食事、汁物、なべ物、スープや煮物などが、おすすめです。

朝に白湯(50度)くらいを1杯飲むようにするのも良いでしょう。

体温が上がり冷え性改善にもなります。

運動不足

女性は筋肉量が少ないので、便を押し出す力が弱くなりがちと言われています。腹筋を意識した運動をしましょう。

深呼吸しながらのヨガのような軽いストレッチが効果絶大。

背中からわき腹を伸ばすようなストレッチを夕食後に行うと、睡眠時の腸の働きが活性化されます。

睡眠不足

排便に関係する副交感神経は0時過ぎに活動のピークを迎えるため、腸のぜん動運動を促すには0時には眠っていることが理想的と言われています。

お肌のも良いのでなるべくゴールデンタイム(22時~2時)は眠るようにしましょう。

自宅で出来る”セルフマッサージで便秘を緩和”

便秘

ここでは自分でできるセルフマッサージをご紹介いたします。

1、まず横になった状態で、お尻に枕を置き、両ヒザを曲げ、右の股関節から優しく回しながら上に進んでいきます。

※ここでの注意点は優しく、ゆっくりです。

2、右の肋骨まで行ったら左の肋骨まで同じ動作をしていきます。

※ここでの注意点は溝内(みぞうち)を触らないように気を付けましょう。溝内をマッサージすると気分が悪くなる恐れがあります。

3、左の肋骨まで進んだら左の股関節まで同じ動作をしていきます。

※左の股関節に流すことにより便が出るので股関節周辺はちょっと強めに押していきましょう。

このマッサージにより大腸に溜まった便を流していきます。

夜、寝る前か、朝起きる前に行うのが効果的です!!

まとめ

便秘にはさまざまな要因があります。

日々の小さな努力の積み重ねが便秘解消につながります。

みなさん諦めずに一緒に頑張っていきましょうね。

以上、便秘の方には必見!セルフマッサージで便秘を緩和について紹介しました。

もし、セルフマッサージでも緩和されない方は、当サロンへ施術にお越し下さい。

きっと施術後に見る風景が違って見えますよ♪

店舗情報

名称 恵比寿の隠れ屋サロン・トワヒーリング
住所 渋谷区恵比寿1-24-3 ユニテE302
営業時間 10時~20時
定休日 水・日
電話番号 恵比寿(徒歩7分)
最寄駅 03-3449-0700
料金 便秘コース
60分/12,000円
90分/17,000円
生理痛コース
60分/12,000円
90分/17,000円
PMSコース
60分/12,000円
90分/17,000円

MAP情報

関連記事

  1. ハーブティー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP